おしゃれな部屋|インテリアコーディネートがそのまま買える

おしゃれな部屋&インテリアコーディネートのご紹介と、おすすめ家具・インテリアのネット販売をしています。

*

シンプルモダンインテリアのカーテン選びとお手入れ

シンプルモダンインテリアといえば、ホワイトや薄いグレーをベースカラーに選んだ飾り気や無駄の少ない軽快ですっきりとしたインテリア。
ベースカラーとは、カラースキームの基本となる3つのカラーの内のひとつで、メインカラー、アクセントカラーとともにお部屋の色を組立てていきます。

カーテンの色はメインカラーとしてお部屋の主役となるもので、間違えるとせっかくのインテリアも一気に台無しになってしまうことも。シンプルモダンインテリアでも気の抜けない要素となります。

シンプルモダンインテリアにおすすめのカーテン

カーテンの色は、同様にメインカラーとなる家具の色とも合わせると雰囲気がまとまってきます。
シンプルモダンインテリアでは無彩色で無機質な家具が選ばれます。同系のホワイトや薄いグレー、またはベージュの無地のカーテンを選ぶと雰囲気がでます。
無地では物足りなく感じる場合は、シンプルなパターンの幾何学的な柄ものを選んでみるのもおすすめです。

シンプルモダンデザインカーテン
円が連続する幾何学模様をさりげなくレイアウトしたカーテン

カーテンのお手入れ

床面のお掃除は毎日行っても、壁やカーテンのお手入れはおろそかになりがちです。
日頃から少しでも掃除機のブラシでホコリを吸い取る等のお手入れをしておかないと、ホコリや油汚れ、臭い等が染み付いてしまいます。また、レースのカーテン等窓に直接接している面は、結露の影響でカビが発生しやすく、長期間放っておくと、シミや黒い汚れが落ちなくなってしまいます。
お部屋全体が何となくどんよりしていたり、何となく臭いが気になるようになったら、カーテンの洗い時かもしれません。

カーテンも洋服等と同じように、自宅でお洗濯のできるものとできないものがありますので、ラベルをチェックしてみて下さい。
洗濯機で洗えるようでしたら、まずは全体のホコリ等を取ってから、フックを全部取り外します。
カーテンはプリーツたたみにしてネットに入れ、一度に洗濯機に入れるのは2枚まで、水量は最大、水流は弱水流に設定します。
通常の洗剤か、できればおしゃれ着用の洗剤が良いです。脱水は30秒は超えないように短めにしてください。

カーテンのフックも想像以上に汚れているはずです。一個一個、水拭きや住宅用洗剤で汚れを落としても良いですが、まとめてネットに入れ、カーテンと一緒に洗濯機で洗ってしまっても大丈夫です。
洗濯機を回している間に、カーテンレールや、窓もきれいに拭いておきたいです。

洗濯が終わったら元のカーテンレールに吊り、自然乾燥させると簡単です。その際、しわを伸ばすように、軽くたたいたり引っ張ったりして形を整えて干します。

レースのカーテンでしたら年3回、厚手のカーテンは年1回を目安にお洗濯すると良いようです。
長期間お手入れをしていないカーテンは日光にさらされて生地がもろくなっているかもしれません。お洗濯したら生地の劣化でボロボロになってしまうケースもあるようですので生地の状態をチェックしながらお手入れすることをおすすめします。

  関連記事

おしゃれな家具の素材ウォールナット材
おしゃれな家具に使用されるの素材や加工法

おしゃれな家具に使用されている素材は色々です。 天然木や合板、木材の種類等使われる素材によって家具のたたずまいや表情が大きく変わってきます。また、素材によって価格も変わってきますので、それぞれの特徴を …

ロースタイルのシンプルモダンインテリア
シンプルモダンインテリアで人気!ロースタイルのメリット・デメリット

お部屋に低い家具を置くと、高い家具を置いた時と比べて天井までに大きな空間が生まれ開放的になります。結果お部屋が広く見えるようになるのですが、このように低い家具を揃えて床に近い生活を送ることをロースタイ …

ソファのお手入れと模様替え

おしゃれな部屋には欠かせないソファ。リビングルームの主役になることも多いです。 仕事や外出から帰ってから毎日くつろいでいるソファは、汗やホコリが付着して思いのほか汚れているものです。永く清潔に使えるよ …

整理収納
おしゃれな部屋は整理収納から

おしゃれな部屋に欠かせない整理収納。 本屋には「断捨離」や「収納」「片付け」などの文字の入った本がたくさん並べられています。 今、この「整理収納」の関する仕事がしたいと考えている人が増えているそうです …

インテリアカラーコーディネート
インテリアカラーコーディネート

おしゃれな部屋を作り上げるためには、お部屋のカラー選びはとても重要です。 単色で選ぶのではなく、その組み合わせを選ばなければセンスのよいお部屋にはなりません。 色の種類 色は大きく2つに分かれます 「 …